ホーム

泌尿器科ってナニ科?

[第14話]シンボルの大きさ

日本に男性シンボルの大きさについて大規模な調査報告はない。専門書でも、その項には小さなスペースしかさかれていない。それには2つの理由がある。

全文を読む

[第13話]医者の人相

C先生は、学生時代からすでに額から頭部移行部方面の毛が薄くなり始め、先天的な風貌も援護射撃した結果、卒業時にはもうすっかり一人前の風格を備える医師になっていた。

全文を読む

[第12話]内診台2

男性の尿道口付近の解剖学的構造はそれ程複雑ではないが、女性のそれは、溝や隆起があって、出される尿に見せかけの病的所見を作り出す場合がある。

全文を読む

[第11話]見舞いの品

かなり前のある雑誌に、次のような話が出ていたのを忘れることが出来ない。

全文を読む

[第10話]ホ(スピ)テル

大学病院から出張で、能登半島の端っこにある輪島市内の病院に行っていた頃に知った話である。輪島市は、北陸路巡りの一環として能登半島一周する場合、宿泊地としてちょうど都合のよい位置にある。

全文を読む

過去の記事を読む

ホーム

検索
Feeds

Page Top